保証期間について

最低保証期間は1年が多い

機械式時計の保証期間は取り扱っているメーカーによって異なります。また、保証期間と修理受付期間が異なるメーカーもあるため、購入するときには確認してください。販売している企業によって、購入した年月日から数えて1年というメーカーが多いです。ただし、保証する内容に関しては企業によって基準が異なるため、あらかじめ確認してから購入しましょう。期間内であっても誤使用による故障や不注意によって故障した場合、不当な故障や改造したことによる故障、天変地異によって故障した場合は保証期間内であっても保証が受けられない場合もあるため、注意してください。企業ごとの基準を確認し、購入したメーカーで保証期間の修理を受けることが望ましいでしょう。

長いところでは10年ほど

2年程度を保証期間として定めている会社もありますが、消費者のニーズによって長くなりつつあります。一部のメーカーでは3年を機械式時計の保証期間として定めており、それよりも長い期間を設定している企業が増えてきたからです。5年程度を保証としてつけているところもありますが、長いところであれば10年以上の期間ということも珍しくありません。ただし長い保証期間を活用するためには、メーカー公式サイトの会員になり、ユーザー情報を登録することが必要な場合もあります。軽微な傷であれば無償で修理をしてくれるだけでなく、定期点検も行ってくれるため、ユーザー登録して損はありません。メーカーによっては国内だけの保証ではなく、国際保証を請け負っている会社もあります。