特に着目したい機械式時計とクォーツ式時計の比較ポイント

機械式時計とクォーツ式時計

現在一般的に出回っている腕時計には機械式時計とクォーツ式時計という大きく分けて2種類があります。パッと見同じ腕時計であってもこの2つは全く異なるものです。そもそも、機械式やクォーツ式とはどういう意味なのかわからないという人もいるかもしれません。これらは時計の針を動かしているムーブメント(機構)の種類のことです。機械式時計というのは、ゼンマイを巻き上げてそれをほどく力を利用し歯車を動かして時計を動かすという仕組みになっており、ゼンマイを巻き上げる方法は手巻きと自動巻きの2種類があります。クォーツ式時計というのは、電池を使った時計です。電池によってクォーツが振動しICで一秒に一回の電気信号に変換されステッピングモーターに送られるという仕組みです。

機械式時計とクォーツ式時計の比較ポイント

機械式時計とクォーツ式時計の比較ポイントは様々なものがありますが、何を重視して腕時計を選ぶかによって変わってきます。価格を重視するのであれば大量生産が可能なクォーツ式に軍配が上がりますし、正確性に関してもクォーツ式の方が優れているでしょう。電池が切れるまで基本的にはメンテナンスもいらないです。しかし、クォーツ式はその構造上シンプルな機能なものが多いので、様々な機構が付いているものが良いと言う場合には機械式時計に軍配が上がります。また、機械式時計は金属の精巧なパーツを組み立てて作られていますので、分解して修理が可能です。資産価値が高く、メンテナンスをしながら何十年と使い続けることが出来るのも魅力と言えるでしょう。